貧乏人のグルメ&時事ネタ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安房埼灯台

三浦半島南端にある城ケ島。

その東岸にある安房埼(あわさき)灯台へやって来た。

この日の月の出は、22時ちょっと前。

それまでは、空が暗いので、天の川の撮影を楽しんだ。

安房埼灯台 3

上の写真は、さそり座と天の川の一番濃い南斗六星付近。

実は、当初の計画では、灯台の北側に回り込んで、灯台と天の川を一緒に写す事を考えていた。

しかし、この時は、ほぼ満潮で波も高く、海岸線に近づけなかった。

前回来た時に、釣り人がいたような場所も、波が被っており、ちょっと怖いくらいだった。

安房埼灯台 1

こちらが、安房埼灯台。

洒落た形をした軽量級?の灯台だ。

敷地の囲いは全くなく、岩場に立っている。

こんな状況なので、もちろん中に入る事は出来ない。

安房埼灯台 2

さて、もうひとつ予定していた写真は、これ。

前日の観音埼灯台で味を占めて、この晩も神秘的な月の出の撮影に挑戦。

月の出も、夕日と同じく、赤く?オレンジに染まる。

これ以上、上に昇ると、普段見る月のように白い光になってしまう。

月の形は、満月か三日月の方が絵になったのかもしれないが、
頻繁に来れる訳でもないので、贅沢は言ってられない。



対岸の明かりは、房総半島。

つまり、これが浦賀水道の幅。

東京や横浜、川崎へ向かう船が沢山通るには、
素人が考えても、ちょっと狭いかな?と言う感じだ。



この日の夜も、湿気が多く、身体がベトベトする。

大きな汗拭きタオルと水は、必須!

それでも、周囲には、誰一人おらず、久しぶりに自然満喫!と言う感じで楽しめた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tartarxxxsteak.blog.fc2.com/tb.php/907-d496e6ff

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

TartarSteak

Author:TartarSteak
お金はないけど食べることが大好きな
55歳のおじさんです。
お陰様で生活習慣病予備軍で
3ヶ月に1度の血液検査は欠かせません。
イタリア料理と日本料理?いや、そんな立派なものではなく、イタ飯と和食が特に好きです。

マクロ経済は、リフレ政策を支持しています。

最近は、新しく始めた趣味の写真の記事が多くなっています。

写真は愛用のメガネ、哀川翔モデルです。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

グルメ (255)
時事 (250)
旅行 (424)
すぐれモノ (13)
その他 (33)

最新記事

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。