貧乏人のグルメ&時事ネタ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警視庁 恐るべし!

先週の金曜日に河口湖ステラシアターにオペレッタ「こうもり」を観に行った。

この時の模様は、また後日。

今日は、その時の帰りに出会った、警察の交通取締りの話。



帰路に着いたのは夜中だったので、お金を節約して、一般道で東京へ。

相模原市から町田市へ入って直ぐに、信号待ちをしているとパトカーが、
私の進路方向へ入って来た。

車間を開けて少し走っていると、ガソリンスタンドから出て来た乗用車が1台、
私とパトカーの間に。

少し走ると、先頭のパトカーがバス停で路肩が広くなっている所へ停車。

乗用車と私が通り過ぎると、パトカーが発進。

追尾してきた。

これは不味いと思い、慎重に運転。

すると、私の所でちょうど信号が黄色に。

後から来るパトカーが進入する時は、明らかに赤になっていたと思われるが、
赤色灯を回して、強行突破。

捕まえる気満々、と確信。

私は、教習車のように走る。

私と前の乗用車との車間が徐々に開いてきた。

少しして、いきなりパトカーが赤色灯を回して私を追い抜いた。

何か、どこかで事故でもあって、スクランブル発進なのかな? と思っていたら、
前の乗用車が止められた。

えっ?何で? と言う感じ。

前の車とは徐々に車間が開いてはいたが、私は制限速度ピッタリ。

前の車は、制限速度+5kmくらいなので、いくらなんでも速度超過はなと思う。

考えられるとすれば、その前に踏切があって、そこの一時停止くらい。

私も前の車をしっかり見ていた訳ではないが、適当には止まっていた。

その時だって、パトカーから乗用車は私の車を挟んで、かなりの距離があった。

この時、深夜3時少し前。

乗用車の方は、運が悪いとしか言いようがない。



その後、八王子市に入る。

ガソリンスタンドから出て、右折レーンに入ると、知らない間にパトカーが私の後ろに。

左右を確認してGSから出た時は、車は全くいなかったのに、どこから出て来たのか?

交差点を右折しようとすると、遠くから原付がやって来た。

不自然なくらいゆっくりのスピードだったので、普通なら先に行ってしまう所だが、
後ろにパトカーがいたので、原付が通り過ぎるのを待って右折。

そしたら、その原付は警察官だった。

これって偶然?

パトカーと原付のチームによるトラップ?

この時、時刻は午前3時過ぎ。



その10分後くらいには、信号待ちしていると、自転車の警察官が2人横断歩道を通過。

周りをキョロキョロしていたので、自転車の取り締まりか?



3時半くらいに、信号待ちしていると、交差点に自転車の警察官が立っていた。

こちらに走って来る自転車を止めて、職質。



その後も、帰宅するまで、パトカーに何台も遭遇。

この日は、夜間、一斉取締り中だったのかな?

9月は上期の締めだから、ノルマ達成の為?



それにしても東京は、眠らない街だ。

金曜日の夜と云う事もあるが、深夜3時くらいでも普通に自転車や歩行者がいる。

ちょっと大きな道路、甲州街道や青梅街道は昼間のように車が走っていた。

地方から帰ってくると、そこのギャップにいつも驚かされる。

東京を走る時は、午前3時でも安全運転を!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tartarxxxsteak.blog.fc2.com/tb.php/915-3746bbc6

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

TartarSteak

Author:TartarSteak
お金はないけど食べることが大好きな
55歳のおじさんです。
お陰様で生活習慣病予備軍で
3ヶ月に1度の血液検査は欠かせません。
イタリア料理と日本料理?いや、そんな立派なものではなく、イタ飯と和食が特に好きです。

マクロ経済は、リフレ政策を支持しています。

最近は、新しく始めた趣味の写真の記事が多くなっています。

写真は愛用のメガネ、哀川翔モデルです。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

グルメ (255)
時事 (250)
旅行 (424)
すぐれモノ (13)
その他 (33)

最新記事

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。