貧乏人のグルメ&時事ネタ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学問と政治

安保法案が可決しましたが、未だ興奮冷めやらぬ感じです。

賛成、反対に関係なく、人を侮辱するような言葉や、
相手を陥れるような言葉も目立っています。

今日は、学問と政治について述べますが、お互いを反知性主義とか
言い合っている状態なので、しばらく落ち着くまで、安保法制の話題は避けた方が良いでしょう。

例題は、何でもよいのですが、
最近少し落ち着いてきた大阪都構想を例に挙げてお話します。



ご存じの通り大阪都構想は、人口270万人の大阪市を5つの特別区にするものです。

東京に住んでいない方は、特別区に馴染みがないと思いますが、
特別区は区長と議員を選挙で選ぶ事が出来る基礎自治体です。

実は、人口270万人の都市を分割再編するのは学問的な裏付けがあります。

ウォーレス・オーツの「地方分権化定理」です。

それは、住民のニーズに合った公共サービスを提供するには、国よりも地方自治体の方が、
住民に近く情報優位にあるので、地方に権限を委譲した方が、
社会全体として、高い厚生が達成できる、と云うものです。

つまり、民主党が掲げる中央集権から地域主権へのスローガンも、
この考えに基づいています。

なので、学問的に言うと、民主党が反対する理由が分かりません。



さらにそれを具体的に落とし込んだのが、元関西学院大学経済学部教授の
故橋本徹先生です。

橋下徹市長と名字の漢字は違うものの、同音同名なのは、
不思議な縁を感じられずにはいられません。

橋本先生は、自治体の適正規模を研究していました。

地方分権化定理により、住民に近い方が細かなニーズに対応できる反面、
ある程度の規模があると集積の経済性が出てコストを安くできます。

橋本先生が亡くなった以降も多くの人が自治体の適正規模を研究し、
今では人口30~50万人くらいが、おおよそのコンセンサスになっています。



なので、人口270万人の大阪市は大き過ぎるのです。

自民党などが主張していた「大阪戦略調整会議」は、
基礎自治体の規模が変わらないので、あまり意味をなさない事が分かります。

もし、対案を出すならば、大阪市をいくつかの市に分割する事でしょう。

単独の市に分割するのが良いか、大阪都の特別区にするのが良いか、
議論を戦わせて欲しいものです。

それとも、効率が悪くて税金を有効活用できなくても現状維持で
270万都市を残すのなら、その理由が必要です。

例えば、大阪市のブランドとしての価値などが考えられます。

大阪都の特別区とブランドの価値を比べるのはもちろんの事、大阪市ブランドが、
税金を有効活用できない損失を補う価値がある事を証明すれば良いのです。

大阪都構想には、いろいろな学者が反対していましたが、
学者の反対は感情論ではなく、上記のような事が求められているのではないでしょうか。

ちなみに、反対の学者の中には、橋本先生の流れをくむ方はいらっしゃいませんでした。



総じて最近の議論は、学問的には入口以前の問題が目立っているので、
少し感情論から離れて、いろいろな情報に接してみる事をおススメします。

現状は、反知性主義と言う頭脳の問題よりも、
感情やイデオロギーをコントロール出来ない心の問題なのだと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tartarxxxsteak.blog.fc2.com/tb.php/918-0efb9fa2

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

TartarSteak

Author:TartarSteak
お金はないけど食べることが大好きな
55歳のおじさんです。
お陰様で生活習慣病予備軍で
3ヶ月に1度の血液検査は欠かせません。
イタリア料理と日本料理?いや、そんな立派なものではなく、イタ飯と和食が特に好きです。

マクロ経済は、リフレ政策を支持しています。

最近は、新しく始めた趣味の写真の記事が多くなっています。

写真は愛用のメガネ、哀川翔モデルです。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

グルメ (255)
時事 (250)
旅行 (424)
すぐれモノ (13)
その他 (33)

最新記事

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。