FC2ブログ

貧乏人のグルメ&時事ネタ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都民劇場能

10月29日、水道橋の宝生能楽堂へ能の観劇に行って来た。

毎度のことながら、お金のない私なので、タダ券が当たっての観劇だった。

7,500円の正面席のペアチケットが当たったのだ!

この夏以降だけでも、ボリショイサーカス、メルビッシュ湖上音楽祭のタダ券、
ミュージカルのトップハットの割引券(60%OFF)、
そして今回の都民劇場能が当たっている。

私の経験では、ネットでの応募より、手紙(大体の場合、往復はがき)による応募の方が、
圧倒的に当たる確率が高い。

ネットだと簡単に応募できるので、それなりに競争率も高いのだろう。

都民劇場能 2015年10月29日

都民劇場能と云う事で、都の外郭団体(天下り先?)の催しだった。

私の数少ない能の観劇の経験では、能 → 狂言 → 能 の順番で演じられていた。

今回は、能が1演目で、狂言 → 能 の2演目だけだった。

それで7,500円は、ちょっと高いような気がする。

だから売れなかった?

ほとんどの場合、タダ券は、チケットの売れ残りを捌く手段として使われている。

タダ券を5~10組くらいにして、応募してハズレた人に割引券を販売する手法だ。

宝生能楽堂

こちらが、宝生能楽堂の舞台。

400~500席だったかな?

能の演目「紅葉狩」は、ゆずの北川さんのお母さんが買い取った
小淵沢の身曾木神社の薪能で、昨年、観劇。

この時も、タダ券!

流派?が違うので、演出も異なっていて興味深かった。

会場にあったパンフレットに、能の初心者教室があり、
同じ演目を異なる3つの流派で演じる催しがあった。

面白そうなので、来年はぜひ応募してみたい。



あと、隣に座っていた人たちが話していたのだけれど、
「能もオペラみたいに字幕を付ければ良いのにな~」と言っていた。

確かに、台詞は聞き取れるのだが、歌が何を言っているのか分からない。

長い歴史と伝統もあるのだろうが、
外国の方も含めて、新しいお客さんを獲得する努力も必要なのでは?
と思ってしまった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tartarxxxsteak.blog.fc2.com/tb.php/931-7fe63d7e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

TartarSteak

Author:TartarSteak
お金はないけど食べることが大好きな
55歳のおじさんです。
お陰様で生活習慣病予備軍で
3ヶ月に1度の血液検査は欠かせません。
イタリア料理と日本料理?いや、そんな立派なものではなく、イタ飯と和食が特に好きです。

マクロ経済は、リフレ政策を支持しています。

最近は、新しく始めた趣味の写真の記事が多くなっています。

写真は愛用のメガネ、哀川翔モデルです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

グルメ (255)
時事 (250)
旅行 (424)
すぐれモノ (13)
その他 (33)

最新記事

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。