貧乏人のグルメ&時事ネタ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金伝説展

久しぶりのブログ更新です。

まぁ、遊びも含めて、とにかく忙しくて、てんてこ舞いの毎日です。

1月8日、上野の国立西洋美術館に黄金伝説展を見に行って来た。

恒例のタダ券が手に入ったからだ。

黄金伝説展 1

以前よりチケットは手に入っていたのだが、なかなか行くことが出来ず、
1月11日までの開催で、行ったのは1月8日。

平日の昼間にもかかわらず、結構混んでいた。

黄金伝説展 2

6,000年前より金製品は見つかっており、その細工はとても細かい。

私は歴史に疎いので、6,000年前が日本で言うと、
どのくらいの時代なのか分からないが、その技術に驚愕!

また、その時代における、金にまつわる話や位置づけなど、金製品だけでなく、
絵画を通して知る事ができる。

この手の物に教養のない私だが、
歴史は違う切り口で見ると、違う見え方をするので、面白い。

国立西洋美術館 1

こちらは、有名な国立西洋美術館の前庭のブロンズ像の展示。

美術に疎い私でも、ここには「考える人」がいるのは知っているくらい有名な場所。

上の写真は、「弓を引くヘラクレス」。

中学?高校?の美術の教科書に載ってるようなものが、間近で見ることが出来る。

国立西洋美術館 2

こちらは、「地獄の門」。

門の上部には、「考える人」がいる。

国立西洋美術館 3

こちらの「考える人」は、地獄門から独立した「考える人」で、
誰もが教科書などの写真では、見た事があるだろう。

ちなみに、上の写真の左側にある白い花は、梅。

1月8日なのに、もう咲いていた。

このころは、暖冬と言われていた時期だったので。



東京にも住みやすい所と、住み辛い所があるが、
こう云った歴史や美術展の開催が多いのは長所だろう。

最近、興味が出て来たオペラ、ミュージカルから、能・狂言まで
あらゆる舞台芸術も頻繁に催されている。



さて、今度、上野に来るのは、東京都美術館で開催されている「ボッティチェリ展」。

こちらのタダ券も、既に入手済み。

4月3日までなので、まだ余裕だが、
今度は、ギリギリになる前に見に行こうと思っている。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tartarxxxsteak.blog.fc2.com/tb.php/952-d0f5a31e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

TartarSteak

Author:TartarSteak
お金はないけど食べることが大好きな
55歳のおじさんです。
お陰様で生活習慣病予備軍で
3ヶ月に1度の血液検査は欠かせません。
イタリア料理と日本料理?いや、そんな立派なものではなく、イタ飯と和食が特に好きです。

マクロ経済は、リフレ政策を支持しています。

最近は、新しく始めた趣味の写真の記事が多くなっています。

写真は愛用のメガネ、哀川翔モデルです。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

グルメ (255)
時事 (250)
旅行 (424)
すぐれモノ (13)
その他 (33)

最新記事

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。