FC2ブログ

貧乏人のグルメ&時事ネタ日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魚市場食堂

小田原編がつづきます。

小田原のヒルトンホテルに泊まったのだが、あまりにも食事が不味く、
サービスも最低だったので、翌朝は小田原の早川漁港にやってきた。

漁港内にある「魚市場食堂」は、朝7時からやっている。

ここだけに限らず、漁港の近くへ行くと、朝早くからやっている食堂が多い。

こちらの場合は、漁業関係者もいるが、我々のような観光客もやって来るみたいだ。

魚市場食堂 早川漁港 1

階段を上って、中二階みたいなところにある。

魚市場食堂 早川漁港 2

通路は狭く、すれ違いもやっと、と云う感じだ。

魚市場食堂 早川漁港 3

中は、こんな感じ。

最近、私には、こういう所がよく合っていて、トラック野郎が多くいる食堂へ行くと、
夜なのに「いってらっしゃい、気を付けて!」と食堂のおばちゃんに言われてしまう(笑)

サラリーマンの頃は、ファッション業界にいたんだけどな~

当時は、格好つけて、オシャレな所に出没してました。

でも最近は、お金はないけど、こんな生活が心地よいです。

魚市場食堂 早川漁港 4

こちらは、日替わり定食、700円。

ここで、もっともコスパがイイかも。

アジフライとソーセージのフライ+お刺身。

ソーセージが、コスパの決め手?(笑)

魚市場食堂 早川漁港 5

こっちは、限定 小田原丼、1,720円。

朝あがった地物が中心。

小田原は、鯵が有名らしく、鯵のたたきに、お頭と中落ちの素揚げが載っている。

素揚げは、かなり美味しかったが、たたきが塩昆布で和えてあって、それがミスマッチ。

塩昆布の味が強すぎるのだ。

昆布でゆる~く締めて、塩で食べたほうが美味しいだろう。

ただ、手間がかかるので、お手軽な塩昆布和えになったのだろうが、
これなら、プレーンなたたきの方が良かった。

あとは、価格。

塩昆布はマイナスポイントとしても、普通に美味しいのだが、
1,720円の価格を考えると、ちょっと高いかな~と云う感じ。

正直、関アジのように差別化できるクウォリティではないし、
それでも何とか特徴を! と考えたのが、塩昆布和えなのだろう。

千葉の「なめろう」みたいに、小田原ならではの食べ方が確立するとイイですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://tartarxxxsteak.blog.fc2.com/tb.php/983-948eb26d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

TartarSteak

Author:TartarSteak
お金はないけど食べることが大好きな
55歳のおじさんです。
お陰様で生活習慣病予備軍で
3ヶ月に1度の血液検査は欠かせません。
イタリア料理と日本料理?いや、そんな立派なものではなく、イタ飯と和食が特に好きです。

マクロ経済は、リフレ政策を支持しています。

最近は、新しく始めた趣味の写真の記事が多くなっています。

写真は愛用のメガネ、哀川翔モデルです。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

グルメ (255)
時事 (250)
旅行 (424)
すぐれモノ (13)
その他 (33)

最新記事

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。